MENU  NEWS  ABOUT  LINK  ARCHIVE




ワークショップのお知らせ

 

 

 

 

大阪・中之島で開催されるワークショップフェス「くうそうの島」でワークショップをさせていただきます。10月16日(日)のみの出店となります。ご予約優先です、下記までご予約をお待ちしています。

 

 

くうそうの島「木版画でつくる山のポストカード」

木の温もりのある木版画で、山のポストカードを作りましょう。こちらで用意した2種の山の絵の版木を、各2枚ずつ摺ってみます。

 

会場:中之島公園芝生広場(大阪・中之島)

出展エリア:おとなWS
時間:10月16日(日)11:00/13:00/14:00/15:00/16:00
所要時間:約30分/回
参加料金:1,500円(別途入場料大人200円・小学生以下100円がかかります)
定員:4名/回

対象年齢:大人向け

野外イベントのため、雨天決行、荒天中止となります。


参加方法:予約優先
予約申込先:kucyusansou@gmail.com(木版画アトリエ空中山荘)

※ワークショップご予約の際は、件名を「くうそうの島予約」とし、
お名前・参加人数・連絡先を明記の上お申し込みください。
 

↓こちらの2種類の木版画を2枚ずつ摺ってみます。(彫りは行いません。)

 

 

 

 

「くうそうの島」の詳細はこちらのウェブサイトをご覧ください。

http://suito-osaka.jp/fes2016/nakanoshima/cusonoshima/

https://www.facebook.com/cusonoshima/

↓「くうそうの島」会場マップ

 

お知らせ - trackbacks(0)


生徒作品(2016.9.30)

 

 

 

(Y.K.さん)

 

カリキュラム彫り跡と陰影表現で制作。写真をもとに描きましたが、写真のリアルさにとらわれることなく、持ち前のほっこりする絵に仕上がりました。カバのムッチリとしたツヤがよく表現できました。

山荘日記 - -


生徒作品(2016.9.20)

 

 

 

 

(Y.H.さん)

 

カリキュラムて麋任農作。青の版と黄の版を摺り重ねて、緑色が出るように計画しました。。シンプルな仕組みですが、、何度も摺って、部分的なぼかしや色の濃淡に工夫を凝らしました。シュールなおかしみとかっこよさを併せ持った絵になりました。

 

 

 

 

(Y.O.さん)

 

カリキュラムて麋任農作。泡と魚の前後感を意識して配色しました。泡の水色は、淡いゴマ模様が出るようにして、水の質感を現しました。初めての一文字ぼかし(濃い青のグラデーション)も水の表現と良くあっていると思います。

 

 

 

 

(S.K.さん)

 

一日体験教室で制作。山と街の1日でしょうか、天体とか人の暮らしとかを遠くから眺めているような気持ちになりました。ランダムに色を重ねると、意外な色になって楽しいものです。

 

 

 

 

(Y.H.さん)

 

一日体験教室で制作。愛犬の下絵を描いてきてくださいました。ほっぺとか眉毛とか尻尾とか、細部の観察は飼い主さんならではです。

 

 

 

 

 

(A.S.さん)

 

カリキュラム0貳迷真Ю△蠅農作。カラー2パターンと黒紙に白で摺ったもの、合計3パターン制作されました。背景が白か黒かで、猫が全く違って見えますね。下の白一色は画用紙の質感もあって予想外な表現になりました。

 

 

 

 

山荘日記 - trackbacks(0)
| 1/1 |