MENU  NEWS  ABOUT  LINK  ARCHIVE




「絵はがきをつくる」完成作品
 



水彩木版画教室「絵はがきをつくる」に参加してくださった方の作品が出来上がりました。こちらが用意したうさぎの下絵に少しアレンジを加えて、自由な色でていねいに作ってくださいました。後ろ向きの黄緑うさぎが雪の静けさの中にたたずんでいます。絵はがきサイズの彫り進み版画、またやってみたいと思います。


山荘日記 comments(0) trackbacks(0)


いよいよ開講します

明日はいよいよ教室が始まります!準備にあれこれ奔走していましたが、ようやく表札も掲げられました。家具工場からタモ材をいただいたのを製材してもらって、版木風に作ってみました。住宅街の中にあるアトリエなので、これから来られる方々のよき目印になりますように。



 
山荘日記 comments(0) trackbacks(0)


絵はがきをつくってみました
 
日頃教室準備でお世話になっているギター職人の中川浩佑君に、実際の教室のとおり絵はがきをつくってもらいました。どんな制作をするのか、ちょっとのぞいてみましょう。


中川君の持ってきてくれた下絵は、小豆島で描いた風景画を元にしたもの。夕焼けの静かな水辺をイメージしながら、下絵の配色を相談しながら決めて、版木に転写してゆきました。

水辺の青と夕焼けのオレンジ色をグラデーションで摺っています。この軽やかな色は水彩木版画ならでは。

ばれんで摺ります。丸刷毛上に絵の具のグラデーションをつくるのがミソです。

2回目の彫り進みで、島が現れました。彫っているところの写真、とっておけばよかったですね。

かなり飛ばしますが出来上がり!20枚全てつくってくれました。一枚いただきましたので、参考作品にさせてもらいます。こんな絵はがきが送られてきたらうれしいですよね。

教室の道具棚です。準備で散らかってますが丸刷毛やばれん、彫刻刀など、水彩木版画に必要な道具を備えていますので、初心者の方でも気軽に木版画を始めていただけます。上に置いてあるのは色重ねや彫り方の見本です。自作のブックカバーの販売もしています。

12月の水彩木版画教室「絵はがきをつくる」の申し込みは12月10日(金)までです。ご参加お待ちしています。(→終了しました。)





山荘日記 comments(0) trackbacks(0)
| 1/1 |