生徒作品(2018.10.4)

 

 

 

 

(H.S.さん)

 

カリキュラムゼ臠破 々とパステルカラーのグラデーションのコントラストが美しい作品ができあがりました。主版法はまず黒の線画の版を彫ることから始まるので、一般的にはたくさんの黒い線が描かれた絵が多いように思います。こちらの作品は背景のグラデーション部分を広く開けた分、黒に邪魔されない明るい抜け感があり、その明るい色と周囲の黒とのコントラストによって絵が引き締まっているのではないでしょうか。素晴らしいバランス感覚だと思います。作者の旅立ちが近づいた頃に出来上がったこの作品、良い門出のお供になってくれていることと思います。

 

 

 

 

]

 

(A.H.さん)

 

カリキュラムて麋如…垢つ垢ぜ臠破,房茲蠢箸鵑生紊法二版のシンプルな絵を描かれました。主版法に比べて、あっという間にできてびっくりだったと思います。即興的に彫った枝や、シンプルな黒の構図、版の分け方など、主版法の制作中に考えたことや鍛えられたことが生きて、瞬発的に絵に表れたように思います。作者の作りたいものがだんだんとはっきりとしてきているのが嬉しいです。

 

 

 

(Y.H.さん)

 

カリキュラム彫り進み木版画 思えば彫り進みを初めて制作してからずっと彫り進みを続けています。彫り進みは全ての工程を初めから計画するのはなかなか難しいのですが、彫っては摺る段階ごとに即興的に色や形を決めて制作したい人には、かえって気楽な方法かもしれません。絵は自画像でしょうか。何かカリカチュア的なものを感じるのですが、たぶん秘めておきたいのでは。これとペアになる作品を現在制作中で、二つが並ぶのを見るのが楽しみです。

 

 

 

 

(R.Y.さん)

 

カリキュラム0貳迷真Ю△蝓.團鵐と緑の配色はおちゃめで私も好きな配色です。ブラジルを思い出します、サンバチームの色だから。部分的に異なる色味の色を摺り重ねてみたり、彫り跡でクリームの陰影を表現してみたりと、意欲的な2作目が完成したと思います。色作りの際に、色の微調整の仕方について、色相環を見ながら説明しました。初めはピンとこないかもしれませんが、何作か作るうちに役立つこともあると思います。徐々にでも色相環を覚えてもらえたら嬉しいです。

 

 

 

山荘日記 - -
<< NEW | TOP | OLD>>