生徒作品(2018.8.23)

 

 

 

 

(Y.H.さん)

 

カリキュラムて麋如.屮奪カバーのシリーズを制作されています。配色を熟考して、赤色が生きる方法を探られていました。形に合う色を選んで、作品の方向性がより明確になったと思います。

 

 

 

(F.K.さん)

 

 

 

(R.Y.さん)

 

カリキュラム白と黒の表現 同時期に異なるお二人の作品が完成しました。同じ方法で版木を彫り、墨一色で摺ってみても、それぞれの絵に合う摺り方は違いますし、それを選び取っていくのが水彩木版画の面白いところです。それぞれがこれからどのような作品を作っていかれるのか、今から楽しみです。

 

 

 

山荘日記 - -
<< NEW | TOP | OLD>>