体験教室 ご予約受付中

 

 

 

 

次の体験教室は7月16日(月祝)各13:30-17:00です。はがきサイズの一版多色摺り木版画を6枚作ります。ただいま参加募集中。継続するしないに関わらず、お気軽にご参加ください。

 

下絵はできるだけご自身で描いてきていただくことをお勧めします。せっかく作るならご自分の絵の方が楽しいと思うので。どうしても無理という方は、こちらで用意した下絵をお使いいただくこともできます。

 

お申込みは、こちらのページをご確認いただき、お申込みフォームからお願いいたします。

 

 

お知らせ - -


体験教室のご予約受付中

 

 

 

 

次の体験教室は4月30日(月祝)各13:30-17:00です。はがきサイズの一版多色摺り木版画を6枚作ります。ただいま参加募集中。継続するしないに関わらず、お気軽にご参加ください。

 

下絵はできるだけご自身で描いてきていただくことをお勧めします。せっかく作るならご自分の絵の方が楽しいと思うので。どうしても無理という方は、こちらで用意した下絵をお使いいただくこともできます。

 

お申込みは、こちらのページをご確認いただき、お申込みフォームからお願いいたします。

 

 

お知らせ - -


ミリアム・ゼグラーさんお話会

 

 

 

 

 

ドイツ・ベルリンで木版画ワークショップを営むミリアム・ゼグラー(Miriam Zegrer)さんが初来日するとのことで、空中山荘でお話会を開くことにしました。彼女の実物の作品を見せてもらいながら、制作やワークショップの活動についてお話を伺います。彼女も空中山荘の皆さんの作品を見てみたいとのことですので、お話の後は、参加者の皆さんの作品をミリアムさんに見てもらい、木版画で交流を深めたいと思います。

 

受講中の生徒さんで定員がいっぱいとなり参加募集は締め切りましたが、彼女の作品やワークショップがとても魅力的ですので、ご紹介しておこうと思います。

 

ミリアム・ゼグラー(Miriam Zegrer)さん

ウェブサイト:http://www.druckatelier.eu
ワークショップ:http://schulbuchwerkstatt.druckatelier.eu

 

 

 

 

 

 

 

 

-

 

 

ミリアムさんの人柄のおかげで、アットホームで一人一人が楽しめたよいお話会になりました。生徒の皆さんもミリアムさんの発想に触発された様子。英語で自身の作品を説明するのも良い経験になりました。

 

 

 

 

お知らせ - -


体験教室のご予約受付中

 

 

  

 

 

次の体験教室は2月12日(月祝)と3月21日(水祝)各13:30-17:00です。はがきサイズの一版多色摺り木版画を6枚作ります。ただいま参加募集中。継続するしないに関わらず、お気軽にご参加ください。

 

下絵はできるだけご自身で描いてきていただくことをお勧めします。せっかく作るならご自分の絵の方が楽しいと思うので。どうしても無理という方は、こちらで用意した下絵をお使いいただくこともできます。

 

お申込みは、こちらのページをご確認いただき、お申込みフォームからお願いいたします。

 

3月21日(水祝)の体験教室は定員に達しましたので、参加募集を締め切らせていただきます。(2018.3.4)

 

 

お知らせ - -


木版画ワークショップ 山のグリーティングカード

 

 

 

 

 

毎年恒例のミリバールさんでのワークショップ。今年も小さな山の木版画を彫ってグリーティングカードを作ります。贈り物に添えたり、飾ったりと使いやすいミニカード。オリジナル下絵を用意しますので木版体験にも最適です。おいしいミリバールランチ付きで、1日木版画作りに浸ってみませんか?

日 時:11月25日(土)・26日(日)11:00-15:00
会 場:ミリバール(大阪府大阪市西区立売堀 1-12-17 artniks bld.1F)

    www.artniks.jp
講 師:ふるさかはるか(木版画家・木版画アトリエ空中山荘代表)
    www.harukafurusaka.net www.kucyusansou.com
内 容:こちらで用意した山の絵を板に彫って、メッセージカードに手刷りします。
参加費:5,000円(カード・封筒5セット分 ランチ・ドリンク付) 要予約
お申し込み先: event@artniks.jp / tel 06 6531 7811(ミリバール)
*いずれも定員5名まで。
*定員に限りがある為キャンセルはご遠慮ください。

ミニカードは見開き150x105mm, 二つ折りで75x105mmです。
木版イラストつきメッセージカードと封筒がついて、5セット制作します。
版木もお持ち帰りいただけます。

 

今年は青森の岩木山を描きました。

メッセージカードのイラストは、スキーとりんごを手刷りしてご用意しています。

 

 

昨年のワークショップの様子です。↓

 

 


 

 

 

 

お知らせ - -


9月18日(月祝)は体験教室です

 

 

 

次の体験教室は9月18日(月祝)13:30-17:00です。はがきサイズの一版多色摺り木版画を6枚作ります。ただいま参加募集中。継続するしないに関わらず、お気軽にご参加ください。その次の体験教室は2月12日(月祝)と少し先になります。

 

下絵はできるだけご自身で描いてきていただくことをお勧めします。せっかく作るならご自分の絵の方が楽しいと思うので。どうしても無理という方は、こちらで用意した下絵をお使いいただくこともできます。

 

お申込みは、こちらのページをご確認いただき、お申込みフォームからお願いいたします。

 

9月18日(月祝)体験教室は満席となりました。次回の体験教室は2月12日(月祝)となります。

 

お知らせ - -


体験教室は7月30日(日)です

 

 

 

今年度から体験教室は、年に3度ほど日を設けて開催することになりました。今度の体験教室は7月30日(日)13:30-17:00、定員5名で参加者募集中です。「いっぺんやってみたかってん」という方、ご継続にかかわらず気軽にお申込みください。

 

下絵はできるだけご自身で描いてきていただくことをお勧めします。せっかく作るならご自分の絵の方が楽しいと思うので。どうしても無理という方は、こちらで用意した下絵をお使いいただくこともできます。

 

お申込みは、こちらのページをご確認いただき、お申込みフォームからお願いいたします。

 

 

お知らせ - -


青森市所蔵作品+ふるさかはるか展覧会「土のことづて」

 

 

 

 

青森での展覧会のご案内です。2014年から京都、福岡と巡回しました土絵具の木版画シリーズ「トナカイ山のドゥオッジ」に、新作を少し加えて青森で発表させていただきます。「トナカイ山のドゥオッジ」は、北欧の先住民族サーミの人びとの、手工芸にまつわる言葉を取材して制作した作品です。今回の展覧会では、青森市が所蔵する古民具とともに展示し、暮らしと表現の間にある人と民具と自然の関係を暗示できればと思っています。

 

また「山のゼミナール」と題したワークショップにも是非皆さんに参加していただきたいです。3回連続講座の「山のことづて新聞」では、山菜採りをしながらガイドさんの言葉を取材し、それを木版画の壁新聞に仕立てます。森歩きと木版画づくりが一緒に楽しめるワークショップなんて、なかなかできることではないので、この機会をお見逃しなく!気になる方は、国際芸術センター青森までお問い合わせください。

 

青森市所蔵作品+ふるさかはるか展覧会「土のことづて」

日時:2017年4月29日(土)−6月18日(日)10:00−18:00 会期中無休

会場:青森公立大学国際芸術センター青森 ギャラリーA 入場無料

詳細:http://www.acac-aomori.jp/aomori/2017-1/

展覧会チラシはこちらからダウンロードできます。

 

ワークショップ「山のことづて新聞」

日時:5月3日(水・祝)、5月20日(土)、5月21日(日)各10:00-15:30 

   ※3回連続(3回とも参加できる方)

会場:国際芸術センター青森周辺の森、創作棟

対象:小学校高学年以上 定員:15名

参加費:500円

詳細:http://www.acac-aomori.jp/workshop/furusakanewspaper/

 

 

(2014年フィリピンでのワークショップの様子)

お知らせ - -


2017年度 変更事項のお知らせ

 

2016年度をもちまして、絵画実験室と制作コースを終了だせていただくことにいたしました。

それに伴い、下記の通り運営上の変更をさせていただきます。

-

2017年度 教室運営の変更事項
1) 絵画実験室、制作コースを終了し、基礎コースを水彩木版画教室として一本化する
2) 水彩木版画教室のお月謝を、4月分より8,500円(税込)とする(月2回お越しいただける方のみ受付)
3) 金曜の開講日は第2・4金曜10時、定休日は第3金・土・日曜とする(講師の都合によりスケジュール変更あり)
4) 登録終了日は最終受講日から1年後とする
5) 登録者数は23名を定員とし、定員に達した場合は受講者の応募を締め切る
6) カリキュラム10自由制作でのみ、A3サイズ(297x420mm)の作品制作も可能とする
7) 一日体験教室は体験教室と名を改め、水彩木版画教室とは別に開講日を設ける
  (開講日は年度半期ごとにウェブで告知 時間13:30-17:00 定員5名 受講料4,500円)

 

-


以上、4月分のご予約より対応させていただきます。

3月分のご予約までは今までどおり対応させていただきます。

 

新年度の体験教室は、7月30日(日)13:30-17:00と少々先の開催となります。

一度木版画をやってみたかった方、春からの受講をお考えの方は、

3月末までに一日体験教室にお越しいただくことをお勧めします。

http://kucyusansou.com/?eid=23

 

ご不便をおかけしまして誠に恐れ入りますが、何卒ご了承下さいます様お願い申し上げます。

 

 

お知らせ - -


ワークショップ「雪の木版画ー道具を使う人びと」@国際芸術センター青森

 

 

 

 

憧れの雪の青森へ、木版画ワークショップをしにまいります。今回は贅沢な2日間のワークショップ。1日目は雪暮らしの道具や工夫について皆さんと話し合い、浮かび上がった言葉を元に下絵を描きます。2日目は彫りと摺り。墨と1色を使って雪を表現します。出来上がった木版画は小さな作品集に仕上げ、みなさんと分け合います。どんな雪暮らしの道具や工夫を聞かせてもらえるのか、待ちどうしくて仕方がないです。老若男女、たくさんのご参加をお待ちしています!

 

日時:3月11日(土)、12日(日)10:00−15:00 ※2日間参加できる方

会場:国際芸術センター青森 創作棟ワークショップスタジオ

対象:小学校高学年以上−大人

参加費:500円

定員:20名

申し込み先:国際芸術センター青森

申込締切:3月5日(日)

持ち物:身の周りにある雪暮らしで使う道具や衣類、冬支度についての写真。現代のものと昔のものがあるとよい。

 

詳しい内容・お申し込みについては、こちらのリンクからご確認ください。

http://www.acac-aomori.jp/workshop/furusaka/ (国際芸術センター青森)

 

 

 

お知らせ - -
| 1/4 | >>